尼崎市にある整体院であらゆるコリや疲れを改善!

座布団枕のススメ

みなさんはお気に入りの枕はありますか?

H25年9月号

熟睡するために私は、これまで色々な枕を試してきました。
お気に入りの枕を見つけては、患者さんにも勧めて、喜ばれたこともありますが、あまり良い評価が得られない事も度々ありました。

低反発素材で首の部分が盛り上がったものは、一番のお気に入りでしたが、何となくしっくりしないので、少し欲求不満も続いていました。

makura.jpg

デパートの枕売り場に勤める方と話す機会がありました。

オーダーメイドの枕でもなかなか気にいってもらえない場合が多々あることを聞き、如何にジャストフィットする枕が難しいかということがわかりました。


最近の枕素材は低反発ウレタンフォーム、プラスチックチップ、羽毛が主流です。
昔ながらの、ソバガラ、モミガラもそれらに続いて人気ですが、だんだん備長炭、竹チップ、檜チップ、大理石などの変わった素材も使われるようになりました。
安眠を追い求める人達のせつなる願いが、色んな素材に向かっているようです。

ですが、枕選びで重要なことは、実は素材ではありません。

もちろん材質や肌触りも大切ですが、高さ、硬さ、寝返りのしやすさなどの機能面がとても重要なのです。

朝、目覚めたら自分の枕をチェックしてみましょう。
枕が頭の形にへこんでいませんか?
布団からはみだしたり、ベッドから落ちたりしていませんか?

もし、そうだとしたら一大事です。
あなたは合わない枕と一晩中格闘して、大切な熟睡が奪われていたことになります。
脊椎動物の中でも二本足で歩く我々人間の首は、重い頭部を支えるため常に大きな負担がかかっています。
大きな負担から解放してやるには、ゆっくり横たわって休息するしかありません。
その休息時の枕がとても大切なのです。

私は、整体師として、多くの患者さんと接するうちに、枕は安眠を保障するだけのものでなく、肩こりや頭痛の原因になっていることも分かってきました。
ですから、施術時は必ず適正な枕についてお話させていただいております。

座布団イラスト.jpg

山陰の民宿に泊まったときに発見したことです。
枕が高すぎてなかなか眠れないので、押し入れから座布団をだしてきて枕代わりにして眠ると、やたら熟睡できました。
それ以来、枕コレクターだった私がほれ込んだ枕は、ちょっと低めのせんべい座布団の枕になりました。


最近、枕を研究されている医師が書いた本の中に、私と同じ考え方が書かれていたのでちょっと感動してしまいました。

ここで、せんべい座布団枕について解説しておきます。

真綿の昔ながらのせんべい座布団を用意してください。
せんべい座布団の下にタオルケットを敷きこんで、自分にあった高さに調整します。(個人差がありますので、この作業がとても大切です)
寝たときの頸椎の角度が10度ぐらいにするのが、一番リラックスする角度です。
この角度を作るには、大体5㎝ぐらいの高さに設定してやる必要があります。

実は、このせんべい座布団の枕こそ、適度な硬さと大きさがあり、面がどこも盛り上がったり、へこんだりしていないので、理想的な寝返りができる安眠枕の優れ物なのです。

これを使って、朝になってもずっと頭の下にあったら、首の緊張が取れて、頭が一番安定する高さが保たれていることになります。
自分の高さが見つかったら、座布団を専用枕に格上げしてやりましょう。
簡単です。
通常50センチ×50センチの座布団を50センチ×30センチの大きさにハサミでジョキジョキと切って、タオルケットといっしょに枕カバーで包んでやるのです。
1年に一度は、必ず高さを見直してやることも大切です。
整体施術時に必ず無料で枕指導をしています。
枕でお悩みの方は遠慮なくご相談下さい。

森井整体治療院 ご案内

〒660-0806 兵庫県尼崎市金楽寺町2-12-16

JR・阪神 尼崎駅から徒歩15分

姿勢の改善で、コリと疲れが取れて、元気が生まれる!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

06-4868-8670

受付時間

9:00~12:00/14:00~20:00
※土曜は17:00まで/火曜・木曜・祝日午前のみ

定休日:火曜・木曜午後/日曜日/祝日午後

06-4868-8670