尼崎市にある整体院であらゆるコリや疲れを改善!

噛む力と足の力

お金がかからず、少しの手間と努力で健康と美しさを保てるヒントをご紹介しております。

H25年7月号


前回に引き続き噛むことがなぜ重要なのかについて考えてみましょう。

よく噛むことで消化を助けることは、わざわざ書かなくても分かると思います。
咀嚼することで、食べ物が細かく砕かれ、睡液が充分混ざるので消化を助けることになります。

睡液は毎日1~1.5Lぐらい分泌されています。
少ない人はその半分ぐらいで、これは純粋に噛む回数に左右されます。
睡液を出すことで、消化酵素が消化を助けるだけでなく、飲み込みやすくしたり、口の中を清潔に保つ働きもあります。
睡液の出を良くしようと思ったら、口呼吸はやめてできるだけ鼻呼吸にすることなんです。
いつも口を開けていると口の中が渇くので睡液の分泌がますます少なくなります。

私達の咀嚼のスピードは、1秒間に1.5~2回ぐらいで個人差はほとんどありません。
しかし、健康な人の噛む力は、平均男性で60kg、女性で40kgぐらいあるといわれますが、噛み合わせや顎関節などに問題があると一気に10kg程度に落ちてしまうそうです。

このように、噛む力は個人差がとても大きくその差は10倍ぐらいにも開くようです。
私達のエネルギー源は、ほとんど食物に依存しているので、効率的な栄養摂取を目指す必要があります。
どんな下等な生物でもこの食物エネルギーを取り入れる仕組みを持っているからこそ、生命を維持することができているのです。

人間が一生に摂取する食物総量は平均して約70トンにのぼります。
それを全部咀嚼して胃腸に送りそこで栄養吸収するわけですから、咀嚼力のない人は、それだけ身体に負担をかけることになります。

整体やカイロプラクティックでは、噛むことを足の力で表現します。

例えば、足をきちんと地につけた場合とつけないで噛んだ場合は噛む力は20%も落ちることが分かっています。
これは、歯科の咬合研究されている大学教授も認めているところです。

小さい子供たちが、大きな椅子に座り、足を宙ぶらりんにして食事をしている光景をみかけることがありますが、ちゃんと足が地面につくようにしてやるだけで、噛む力がグーンとアップするのです。
つまり、足の弱い人は噛む力がでてきません。

単に回数を多くしても、足が弱いと充分な咀嚼力が得られないことになります。

咀嚼力を高めるには何と言っても散歩を毎日かかさないようにして、日常的にスクワット(立ったり座ったりする動作)やお相撲さんの四股動作を取り入れることです。
スクワット.jpg
このように、エネルギーの効率的な摂取法を得ることで、新陳代謝がうまくいくようになり、体内環境もより正常に保たれるわけです。

お腹の調子がいいときは、気分もよく肩こりもほとんど感じないものです。
慢性的な胃腸病で悩んでいる方は、是非この足力を重視した咀嚼健康法にチャレンジしてみて下さい。
胃薬にたよる食生活が習慣化している方は、1日も早く健康のグレードをあげて胃薬と決別する道を選ぶことです。

森井整体治療院 ご案内

〒660-0806 兵庫県尼崎市金楽寺町2-12-16

JR・阪神 尼崎駅から徒歩15分

姿勢の改善で、コリと疲れが取れて、元気が生まれる!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

06-4868-8670

受付時間

9:00~12:00/14:00~20:00
※土曜は17:00まで/火曜・木曜・祝日午前のみ

定休日:火曜・木曜午後/日曜日/祝日午後

06-4868-8670