尼崎市にある整体院であらゆるコリや疲れを改善!

朝のウォーキングを習慣化する

hinode.jpg

本ブログをご覧のみなさま、 新年あけましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い致します。

新年は4日より通常営業しております。
本年も、微力ながら皆様のご健康のお役に立てるよう、精一杯努力して参ります。

この「うきうきライフ」も、皆様の健康への関心に少しでも繋がれば幸いです。





H26年1月号


新年最初は「ウォーキング」について。


data077.gif
私達が移動するときに必要な基本となる運動は歩行(ウォーキング)です。
どんなに怠け者でも動物である以上少しは動かないと過ごせないようにできています。

現代人は運動不足で筋力が弱くなりやすいので、ウォーキングを健康作りの基本にすることです。
しかし、運動をするにしても、「動」と「静」のバランスを取るらないと、逆効果になることもあります。

いくらウォーキングが健康作りに優れていると言っても、睡眠時間を削るような生活を毎日していたら、体の疲労がとれなくなり病気で病院のお世話になりかねません。
運動と安静(睡眠)は健康作りの表裏の関係であることを意識しておくことが大切です。

それでは、良質の睡眠を得るためにはどうしたらいいのでしょうか?

一言で言うと、深部体温をコントロールすることです。
ぐっすり眠るには体を動かして体温を上昇させる必要があるのです。

私達は、1日1回は体温を1度上げる生活が必要です。
これには、ウォーキングを積極的に取り入れて意図的に温めなければなりません。
朝のウォーキングを習慣化するのは絶対おすすめです。

雨が降っても、槍が降ってもできるだけ毎日30分間のウォーキングをかかせないようにしましょう。

私達の体温は1日中で朝がもっとも体温が低いので、できるだけこの時間帯に30分間ほどウォーキングをするのです。
個人差はありますが、だいたい0.7~1.0℃温を上昇させることができます。
冷えた体を朝のうちに一気に高めておくと、その日1日の体調がとてもよくなります。

ウォーキングは第二の心臓(ふくらはぎ)を鍛えることができますので、循環機能を向上させることもできます。
また、毎日10分でも20分でも、通勤のときなどに歩く機会があれば、その動きをしっかりするだけでも、からだの深部体温が断然変わります。

からだの深部体温が上がると、睡眠はより質のよいものに変わってきます。
ついでに言うと、眠る前にお風呂で体を少し温めてから布団に入るのもいいでしょう。
image73.gif
体をお風呂で温めると、脳が「ん?熱くなってきたな、体温下がれ~」と命令を出します。

体の表面の血行を良くすることで、熱が放出されて、深部体温が下がり、この時、眠りを誘うホルモンもでて、ぐっすり眠ることができるのです。

森井整体治療院 ご案内

〒660-0806 兵庫県尼崎市金楽寺町2-12-16

JR・阪神 尼崎駅から徒歩15分

姿勢の改善で、コリと疲れが取れて、元気が生まれる!
大きな地図で見る
お問い合わせご予約

06-4868-8670

受付時間

9:00~12:00/14:00~20:00
※土曜は17:00まで/火曜・木曜・祝日午前のみ

定休日:火曜・木曜午後/日曜日/祝日午後

06-4868-8670